登美丘高校のバブリーダンスを生み出したアカネキカク。

平野ノラとのコラボで、一躍知名度を上げその名は全国区に。

その正体は謎に包まれており、何者なのか気になってる人は多いようだ。高校生にあんなクオリティの動画は作れないから、大人が運営しているのだろうか。そんなアカネキカクの本名や年収が調べたらとんでもないことに。

スポンサーリンク


アカネキカクのダンサーが凄すぎる



アカネキカクのダンスを見ればわかるが、編集技術、ダンスの技術共にYouTube史上最高峰である。

バブル時代を彷彿とさせる出来。曲のイメージと完全にマッチしており、メイクや衣装までも忠実に再現している

しかも、これが高校のダンス部だというから驚き。

そんなアカネキカクのチャンネルを運営しているのは、AKANEというダンサーだった。

年齢は2017年12月の時点で25歳であることが分かっている。



こちらがダンサーのあかね。3歳の頃からダンスを習っていたらしい。

ダンサーakaneは現在、振付師として活躍しているが、今回のバブリーダンスのヒットにより仕事が殺到しているようだ。

出身高校は大阪府立登美丘高等学校。登美丘高校のダンス部を開設したのがakaneらしい。ふ~む、自ら開設したダンス部をここまで有名にしてしまうとは。しかもこの年齢で。指導者としても優れているな。現在はダンス部コーチとしても活躍中。

akaneの収入が凄い

スポンサーリンク

一般的に振付師の年収は500万程度と言われているが、akaneは既に売れっ子の振付師。

現在Twitterのフォロワー8000人程だが、本当にakaneに興味のある人しかフォローしていないのでそこそこ多いと捉えていいだろう。

そんな訳で、現時点でakaneの年収は2000万は超えていると見て間違いない。さらに今後、本人のメディア露出が増えてくればどんどん知名度が上昇し、稼ぐに稼いでいくだろう。

akaneがYouTuberに転身!?

ここまでダンサーとして有名になったのであれば、振付師だけでなくYouTuberとしての活動にも力を入れた方がいいと思う。特に、今はYouTubeがバブル状態なので、ダンス関連の動画をアップしまくればさらにチャンネル登録者数は増えるだろう。

現時点でチャンネル登録者数は10万人は超えているが、今動画投稿を頑張れば、登録者数は50万人近くまで伸ばせる。

海外では1MILLION Dance Studioがダンスチャンネルでチャンネル登録者700万人を突破している。それだけ、ダンスチャンネルの需要が凄いのだろう。

akaneの本名は?

akaneの本名はインスタやTwtitterなどの情報から宮崎朱音(ミヤザキアカネ)であることがわかった。



産経新聞のインタビューを受けたことがあるようで、その写真が残っていた。

しかし、こういう見るとすっぴんに近い方が可愛いな。まぁダンサーは化粧してなんぼだから今後すっぴんになることはないだろう。

ダンサーのakaneはポカリのCMなど、有名動画の振付を手がけている。



これだけ難しい振付を作って、さらに動画にして編集して投稿するとは凄いな。

早急にYouTuberになるべきだろう。
スポンサーリンク