日本一のYouTuber、はじめしゃちょーが3年間アメリカに留学することを発表した

本人も親しい友人にしか言ってなかったようで、急な発表となりYouTube市場を驚かさせている。

今回の留学ははじめしゃちょーが所属する事務所・uuumから見てもかなりの痛手だろう。なんせ、ついこの間ヒカキンを抜いてトップになったからな。

んで、気になるのははじめしゃちょーのYouTuberとしての今後。アメリカ留学してからは映像系の学校に通うそうで、今までと同じペースで動画をアップ出来るか分からない、と話している。ということでアメリカ留学してからはじめしゃちょーは今の人気を保てるのか、考察していこう。

スポンサーリンク


突然のアメリカ留学宣言



以前はじめしゃちょーがイギリスに留学したことを知ってるだろうか。

大学生の頃半年間留学し、それで大学卒業が1年間遅れたのだが、その時色々と人生について考えたようで、日本からアメリカに行くことを決意したようだ。

関連記事はじめしゃちょーの彼女や大学を徹底調査!本名や年齢も公開する

にしても、日本に住んでいて日本一のYouTuberで年収は億超えなのは当然なのに、さらに前へ進もうとするのは凄いな…だってもう今から仕事しなくてもずっと暮らしていけるレベルなのに。

普通のやつならスターになってお金も入って現状で満足してしまうが(ヒカキンのように)、そこから更にアメリカに行って映像系の技術を学び、もっとドデカイことをやろうとするYouTuberなんてはじめしゃちょーぐらいだろう。

まぁこれからの時代、人工知能のロボットが人間の仕事を奪っていくと言われてるように、個人のスキルを上げないと安定した暮らしは出来ない時代に入ってくる。はじめしゃちょークラスの知名度があればもう何もしなくてもいいけど、これからもっと大物になる為に最先端の知識と技術が揃うアメリカに行くという選択肢は賢いと思うな。

ただ、問題はYouTuberとしてのはじめしゃちょーだ。

はじめしゃちょーはアメリカに行っても今の人気を保てるのか!?

スポンサーリンク



一番気になるのは、これからのはじめしゃちょーの動画の更新頻度だ。アメリカでは映像系の学校で映像技術を学びながら、英語の勉強も頑張ると話す。

となると、これまでと近いレベルの忙しさはあると思う。そんな中で今の人気ナンバーワンの地位を落とさずに、動画を上げていくことが出来るのかというと、どうなんだろうと思う。

現在、はじめしゃちょーは一本動画を上げるごとに200万回ほど動画が再生されている。このレベルをアメリカで続けることが出来るのか…やはり難しいと思う。

はじめしゃちょーの動画は派手なことをやるスタンス。その中で、事務所uuumの力を借りて作ったことも多い(エキストラなど)アメリカには今の所uuumの支社はないから自分1人の力で動画を作る必要がある。そうなると、今までのクオリティの動画を上げることは難しいんじゃないかな?と感じるな。

だが、はじめしゃちょーの視聴者は派手な動画も好きだが、それより質問コーナーや私生活の情報を見たいと思ってる人も多い。マホトが最近アカウントを変更し、動画のスタンスをそのような感じに変更したが、実際結構ウケてるし、派手なことしないでも日常の様子やはじめしゃちょーが日々考えてることを動画にするだけで結構再生するんじゃないかなと思ったりするな。

関連記事ワタナベマホトがアカウント移行!理由は事務所絡みか!?

それでも派手なことはちょこちょこやらないと刺激がなくてつまらなくなり、人気は落ちてしまうんだろうが。

まぁYouTuberは基本部屋の中で動画撮るからそこまで心配しなくてもいいだろうけどね。

おまけ

本音:やったー!!この3年ではじめを抜かすぞ…

本音:うそでしょ!??(腰巾着出来ないンゴゴ)

本音:もう帰ってくんな

 

おまけはフィクションです。

スポンサーリンク