実はYouTuberの中で一番の金持ちであるマックスむらい。こいつはYouTubeに動画を投稿する以外にも自社のAppBankで広告収入を大量に得ていて、会社を証券取引所に上場するぐらいのレベルだからヒカキンよりも間違いなく稼いでいるだろう。

そんなマックスむらいが映画「MAX THE MOVIE」の製作開始をしたのは新しい記憶だ。しかし映画制作にあたって詐欺だとか会社の方向性がわからないとか色々馬鹿にされまくっているようだ。そんなMAX THE MOVIEについて語ろう。

スポンサーリンク


MAX THE MOVIEってなんや?



MAX THE MOVIEとはYouTubeに無料で公開する映画だ。制作費を集う為募金を募った。何かの目的の為に金を集うこの手法を「クラウドファンディング」というのだが、ぶっちゃけ乞食みたいなものだ。

勿論本人達は金のためにやってないと思うし、「映画制作楽しそうだからやってみよう」という気持ちで映画制作をしたのは分かる。

が、この告知動画を見た限りB級臭がにじみでてくるのだ。映画監督は地獄甲子園、クロマティ高校などを手がけた山田雄大監督なので制作陣は本気だ。

しかし、金を集って制作する訳だが、肝心のキャストはAppbankの社員(マミルトンやスプリングまおなど)なので、正直まともな演技が出来るのか不安だ。なんか、テレビの初期の頃を見ているイメージ。
スポンサーリンク


GACKT参戦するも失敗に?



こちらの動画であのGACKTが映画に出演することが決まったようだ。ワロスとしか言いようがないが、ガクトレベルを出すのは結構勇気いるというか、よく引き受けたよな。だって、MAXTHEMOVIE、支援額が全然集まってない…↓

maxthmovie

目標金額5000万に対し、688万8千円で終息!w

700万ぐらいじゃ映画制作は厳しくねーか?

キャストがかなり豪華なので勿論給料として支払いをしないといけないし…YouTubeの広告収入だってMAXTHEMOVIE一本じゃ対して稼げないだろう。ヒカキン、セイキンが歌ってる「YouTubeテーマソング」でさえ、運営の相当なプッシュがあるにもかかわらず1700万再生だ。1億再生でもいけば1000万程度広告収入が入ってウハウハだがね…。

こう考えると、MAXTHEMOVIEは事実上失敗というか、Appbankとしては赤字になるんじゃいかと思う。まぁ、Appbankは収入がとんでもないことになってるだろうから対して痛くないと思うけど、ね…。

ちなみに、寄付金額は100万から3000円まであり、寄付金が高ければ高いほど恩恵を受けられる。100万だと映画にセリフありで出演出来たりメンバーと食事出来たり色々あるけど、100万出すほど濃ゆいファン層っているのかね?どうやら50万円寄付した奴は3名いたようだが…どんだけAppbankに期待してるんだ。それとも純粋なファンか。俺なら50万あれば普通に株やるわなw
スポンサーリンク