みっきーちゃんねるやMEGWIN、カネマンなどの中堅YouTuberがBit-Starが運営する事務所に決まった。

Bit-Starとは、企業とYouTuberとをつなぐ広告代理店で、そのBit-Starが新しく「E-DGE」という事務所を設立し、Bit-Starに登録していたクリエイターのうち23名が新しく事務所に所属した。

関連YouTuberの事務所MCNまとめ!uuumを筆頭に乱立w

 

昨年はヒカルやラファエルが所属したYouTuberの事務所「NextStage」が話題になったが、今年はYouTuber事務所としてE-DGEが注目されそうだ。

そんなE-DGEとは一体どんな事務所なのか?見ていこう。

スポンサーリンク


E-DGE所属のYouTuber

E-DGEの読み方はエッジ。今年に入って出来た比較的新しいYouTube事務所だ。

ではまず、現時点でE-DGEに所属しているYouTuberを見ていこうと思う。



先月高校を中退したみっきーちゃんねるの動画を見れば分かり易いが、合計21名のYouTuberがE-DGEに所属している。

所属クリエイターを見れば分かるが、伸び代のあるユーチューバーばかりだ。

これから人数も増えていくだろう。採用するYouTuberに特にこだわりは見せてないし。

 

そんなE-GDEだが、事務所に入ってるYouTuberと、業務提携のみのYouTuberがいるようだ。

例えば、KUNやてんちむ、よききと言ったユーチューバーは自身がTwitterで事務所には所属していない、今までと変わらず、企業からの案件を紹介してもらうだけの関係だと名言している。


とのこと。

逆に、みっきーちゃんねるやユッカは自身のTwitterで「所属」と公言していることから、E-DGE所属と見ていいだろう。

ややこしいが、無所属のYouTuberも入ってる風に見せることで、事務所の大きさをアピールしたいのだろう。(UUUMネットワークが1000人募集していたとの同じ現象)

 

今のところ判明しているユーチューバーで言えば、

よきき

佐藤ノア

ロシアン佐藤

てんちむ

KUN

Vodka

は、業務提携のみであることが分かっている。

E-DGEは安定志向か?

スポンサーリンク

所属クリエイターを見れば分かる通り、登録者数は数万~数十万程度の中堅YouTuberがメインだ。

一番有名なMEGWINも、昔はかなりの大物だったが、今では次世代のユーチューバーに抜かされ始めている。

これを見るに、E-DGEはVaZとは違い、人気を出すためには手段を選ばず、ガツガツ責めていく事務所ではないように思える。

 

WEGOと協同で始めた「WEGOゆーちゅー部」も、そこまで大胆に宣伝していないし。



 

健全な事務所ってことで個人的には好感もてるな。

 

にしても、読モがどんどんYouTuberになっていくのを見て、紙媒体は終わりに近づいてるのを感じるな。まぁそりゃ、いつでもどこでも手軽にスマホで見れるYouTubeって、便利だしな~。
スポンサーリンク